医薬品のネット販売認める、 東京高裁が逆転判決

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
no Image

 一般用医薬品のインターネット販売規制は違法として、医薬品ネット販売会社のケンコーコムとウェルネットが国を相手に販売権を求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁の三輪和雄裁判長は4月26日、訴えを退けた一審東京地裁判決を取り消し、ネット販売を認める判決を言い渡した。

 

 一審では、対面販売とネット販売を比較し、ネットでの医薬品販売は「安全性に問題がある」として、厚生労働省が副作用の危険性に応じ1~3類に分けた一般用医薬品のうち、副作用リスクがもっとも軽い3類のみの販売に限定していた。今回の高裁判決によって見直しを迫られる。

関連記事