ヤフー、各銀行と連携しフィッシング警告機能を強化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
no Image

 ヤフーは4月25日、銀行系フィッシングサイト対策として、みずほ銀行、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、ゆうちょ銀行など一部の銀行の協力を得て、連携各行よりデータ提供を受けたフィッシングサイトのURLをYahoo!JAPANのセキュリティ機能に反映させる対応を開始すると発表した。

 

 各銀行のフィッシングサイトURLのデータ提供を、同取り組みに参加する各行から直接受けることで、これらのフィッシングサイトをすばやく警告・ブロックできるようになる。また、メールを介したフィッシング詐欺被害の対策として、提供されたデータはYahoo!メールの迷惑メール対策にも活用される。同対策は、4月末より協力銀行よりデータ提供を受け次第順次対応していく予定。  

 

 フィッシング詐欺の多くは、インターネット利用者を偽サイトに誘導して、ID、パスワードやクレジットカード番号などを入力させて盗み取るため、情報を入力しないことで防ぐことができる。「Yahoo!ツールバー」は、顧客が表示しようとしているサイトがフィッシングの疑いがある場合に、フィッシング警告機能がメッセージを表示するため、フィッシングに関する知識を十分に持たない利用者も、詐欺被害を回避できる。

関連記事