JADMA、特商法見直し中間整理の意見書提出

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

image(公財)日本通信販売協会(JDMA)は9月30日、特定商取引法見直しの中間整理に関する意見書を、消費者委員会委員長の河上正二氏と消費者委員会特定商取引法調査会宛てに提出した。

 

 同意見書では、消費者保護と悪質業者排除の視点からの罰則強化などの仕組みづくりに対しては賛成するが、善良な事業者が新たな法規制を遵守するためにコストを商品価格に上乗せするような規制導入に対しては反対する、としている。

1 2

関連記事