14年度の景表法違反疑義事件は642件…消費者庁調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
no Image

 消費者庁が18日に発表した「景品表示法の運用情報及び表示等の適正化への取組」で、2014年度に行った景品表示法違反被疑事件の調査は、前年度からの繰越しが202件、新規が440件の合計642件に上ることがわかった。  

 

 調査件数は、13年度が688件(新規560件・繰越128件)、12年度が556件(新規425件・繰越131件)で、13年度をピークに減少していることがわかった。措置命令件数は14年度が30件で、13年度は45件、12年度は37件だった。14年度で消費者庁が行った措置命令は8件、指導は77件、調査打ち切りが16件だった。

1 2

関連記事