大阪府、大阪産名品をEC・カタログ・店舗で展開…業者公募を開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

消費者大阪府は27日、大阪産名品や大阪製品をEC・カタログ・店舗イベントなどで展開する「消費喚起大阪名物商品販売業務」の委託事業者の公募を開始した。

 

 大阪府は、府域外からの消費の喚起・拡大を図り、全国に大阪の魅力を発信することを目的に同事業を実施する。公募は企画提案型で、委託金額は8193万円。委託業務は、ネットショップ構築・運営、カタログ制作、大型店舗でのイベント、広告宣伝、不正防止策など。ネットショップは7月末までにオープン予定。大阪府は4月30日と5月12日に説明会を開催する。提出書類の締め切りは5月28日。審査は書類審査とプレゼンテーション審査で、全300点から各委託業務の提案内容が評価される。

 

 ■「消費喚起大阪名物商品販売業務」

関連記事