消費者庁、「事例でわかる景品表示法」改訂版を公表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

image消費者庁は24日、景品表示法のパンフレット「事例でわかる景品表示法」改訂版を公表した。

 

 同パンフレットでは、景品表示法の概要から不当表示の種類(優良誤認表示・有利誤認表示・その他誤認される恐れのある表示)などを解説。不実証広告規制の事例には、ダイエット食品の痩身効果と生活空間におけるウィルス除去などの効果が取り上げられた。改訂版には新たに「事業者が講ずべき景品類の提供および表示の管理上の措置」や、都道府県に措置命令権限と合理的根拠提出要求権限が付与されたことなどが、記載された。

 

 ■「事例でわかる景品表示法」

関連記事