安倍首相「健康食品を成長分野に」…JADMA新制度前夜祭

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
no Image

(公社)日本通信販売協会主催の「機能性表示食品制度」前夜祭が24日開催され、通販会社や健康食品関連事業者・広告会社など参加者約600人が、消費者庁担当官による新たな表示制度の解説や、担当官と健康食品会社との対談などに熱心に耳を傾けた。

 

 消費者庁食品表示企画課の塩澤信良調査官は、「機能性食品の届け出等に関するガイドライン(案)」について解説。全国7都市で開催した新制度説明会であまり触れられなかった「システマティック・レビュー(SR)の実施手順(例)」の説明に時間を割いた。塩澤氏は実施手順(例)について、「あくまで1例でこの通りではない」としつつも、「考え方は共通で、実施手順の考え方や単語の意味は理解してほしい」とした。必ず必要な手順として「個々の論文の質の評価」を挙げた。また、「SRの結果と表示しようとする機能性の関連性に関する評価」では、SRの結果と表示しようとする内容に、同等性を求めた。

1 2

関連記事