アマゾン対抗策?紀伊国屋とDNP、書店・ネット連携の新事業へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
no Image

 (株)紀伊國屋書店と大日本印刷(株)は19日、出版流通市場の活性化やリアル書店とネット書店を連携させた新ビジネスモデル立案を目的として、共同出資の合弁会社「(株)出版流通イノベーションジャパン」を4月1日に設立すると発表した。

 

 合弁会社の出資比率はそれぞれ50%。出版流通市場活性化に向けた調査・研究のほか、活性化施策や新規ビジネスモデルを立案する。企画予定のテーマは「電子/ネット書店の更なるサービス強化」「読者にとって使いやすいポイントサービスの構築」「仕入・物流業務システムの共有化・合理化・効率化」「リアル書店とネット書店の相互連携による読者サービス向上」など。リアル書店とネット書店でライバル企業の2社が手を組み、アマゾンなどのネット書店に対抗する新たなビジネスモデルの構築を目指す。

関連記事