佐川急便、ベトナムで宅配便事業を開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
no Image

 SGホールディングスグループで国際物流事業を展開する佐川グローバルロジスティクスは2月1日、ベトナムの現地子会社である佐川急便ベトナムが新たに宅配便事業を開始すると発表した。

 

 佐川急便ベトナムは1997年からベトナム全土を縦断する貸し切り便を主としたトラック輸送サービスを展開しているが、新たに北部の首都ハノイ市、および南部の商都ホーチミン市において宅配便事業を開始。貨物追跡情報や確実なリードタイムの提供など、日本同様の物流サービスを提供する。日系の物流企業がベトナムで宅配便事業を始めるのは初めて。

 

 今回ベトナムにおける宅配便事業は、2月1日よりトライアルを開始し、3月1日より正式にスタートする予定。そして2012年第2四半期にはダナンに、その後ほかの都市に順次展開し、将来的にはベトナム全土を網羅する配送ネットワークの構築を目指す。

関連記事