13年クレジットカード市場、108.7%の42兆円

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

表 (株)矢野経済研究所が28日発表した市場調査によると、2013年度のクレジットカードショッピングの市場規模は、前年度比108.7の約42兆円となった。

 

 同調査は国内の主要クレジットカード発行会社、スマートフォン決済会社を対象とし、国内のカード会員が国内外でクレジットカードを使用した取扱高を算出した。

 

 クレジットカード市場は、さまざまな業種の店舗で利用が増加したこと、EC市場などでの利用領域が拡大したこと、カード会社による稼働率向上の取り組みにより、拡大傾向が継続。特にスマホやタブレットを決算端末にするソリューションビジネスが拡大し、保険の外交員や宅配便事業者、レストランのテーブル決済などで需要が高まっている、とした。2018年度の市場規模は、キャッシュレス化推進を背景に約63兆円に達すると予測した。

関連記事