ニッセン、岩手県大槌町でアプリ開発人材を育成

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
no Image

 ニッセンと一般社団法人KAI OTSUCHIは6月6日、被災地でのICT(情報通信技術)人材の育成・雇用の拡大・町の活性化などを目的とした共同プロジェクトを岩手県大槌町で開始した。

 

 まずは、アプリの開発人材を共同で育成。5月から運用と教育を開始し、25年度に5人の雇用を生み出した実績のある教育内容にデバック・テストの項目を追加。Skypeなどを活用し、ニッセンとKAI OTSUCHIで遠隔ミーティングを行いながら、ニッセンが提供するアプリを開発できるレベルまで能力を高める。

1 2

関連記事