2014.2.14

ディノス、宮城・岩手に花の苗2万2000鉢を寄贈

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

image ディノス・セシールは2月13日、一昨年より開始した「ディノス」の復興支援活動「東北に春をお届けします。」の2013年度の実施内容を決定した。

 

 今回初めての取り組みとして、福島県内(南相馬市、いわき市、浪江町)で合計290本の桜の植樹を、また、継続的な活動として宮城県(石巻市・岩沼市)と岩手県(陸前高田市・大船渡市・釜石市・遠野市・大槌町)では、児童関連施設に計2万1952鉢のクリサンセマムの花の苗を寄贈する。

 

 また今回は、福島県の国道6号線沿いに桜を植樹する「ふくしま浜街道・桜プロジェクト(主催:「ふくしま浜街道・桜プロジェクト」実行委員会)」への協賛を追加し、フジ・メディア・ホールディングスおよび傘下13社より110本、ディノスの顧客参加による180本、合計290本の桜を南相馬市、いわき市、浪江町に植樹する。このうち南相馬市では、2月16日に260本を植樹するイベントを実施する。

関連記事