紀伊國屋書店、アジア地域での EC事業を推進

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

image 紀伊國屋書店と産業革新機構は8月6日、アジア地域で書籍を中心としたEC事業を展開するためのアジアンベイシスに共同で大型出資を行うと発表した。

 

 アジアンベイシスは、すでに紀伊國屋書店とインフォシティの出資により4月に設立済みだが、本社を東京都内に置き、今後、シンガポール、マレーシア、タイ、台湾、オーストラリア、UAEなどで順次子会社を設立の上、成長著しいアジア地域において、英語、日本語、中国語、現地語など各国語の書籍や、日本発の文化関連商品(文具、キャラクターグッズなど)を中心としたネット通販事業を展開する計画だ。

1 2

関連記事