アスクル、最大・最強の物流拠点「AVC関西」を竣工

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アスクル(株)は7日、同社の物流拠点としては最大となる「ASKUL Value Center関西」(AVC関西)の竣工式を行った。

 

 

「ASKUL」「LOHACO」の物流を担当

 AVC関西はグローバル・ロジスティック・プロパティーズ(株)(GLP)が手掛けた先進的な物流施設で、アスクルでは8拠点目の物流センターとなる。延床面積約16万5000平方メートル(約5万坪)、地上4階建で、流通業における1社単独の物流施設としては関西最大級となる。今後アスクル最大の基幹物流センターとして「ASKUL(アスクル)」と「LOHACO(ロハコ)」の物流を担う。アスクルでは2011年の東日本大震災、今年の火災事故と、物流施設が災害の影響を受けたことを教訓とし、耐震性と防火性を強化。同施設は高度な防災と最先端の設備を兼ね合わせた、アスクル最強の物流センターとなる。

1 2

関連記事