2017.8.16

ラオックスQ2、赤字幅が倍増…爆買い終了で体験サービス提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ラオックス(株)が14日発表した2017年12月期第2四半期(1~6月)連結決算は、売上高が前年同期比19.7%減の281億5300万円、10億5100万円の営業損失(前年同期は4億5400万円の営業利益)、11億5700万円の純損失(前年同期は4億6400万円)と、赤字が倍増した。

訪日観光客に「モノ+コト」サービスを提供

 訪日外国人の商品ニーズの変化で、購買単価が下落していることや、物品の購入だけでなく体験を取り入れるなど、旅行の楽しみ方が多様化していることで、訪日観光客の売上が大幅に減少した。また、店舗閉店に伴う店舗整理損などで8700万円の特別損失を計上したこともあり、赤字幅が大幅に拡大した。

1 2

関連記事