2017.7.28

千趣会Q2は減収減益、通販事業は16億円の営業損失

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)千趣会が27日発表した2017年12月期第2四半期(1~6月)連結決算は、売上高が前年同期比4.1%減の631億8600万円、12億4800万円の営業損失(前年同期は4億300万円の営業損失)、62億800万円の純損失(前年同期は1億6200万円の純利益)と、大幅な赤字となった。

 

 

通販事業の赤字が拡大

 主力の通信販売事業の不振で減収となり、在庫処分によるバーゲンや処分売上の増加による売上原価率の上昇で、営業損失が拡大した。また、減損損失と繰延税金資金の取崩しで、純損失は62億800万円に落ち込んだ。

1 2

関連記事