2017.7.12

ディノス、吉野家とコラボの『プレミアム牛丼』を発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)ディノス・セシールは14日、同社の食品カタログ「どうぞ召し上がれ2017秋号」とディノスオンラインショップで、「吉野家」とのコラボレーションによるプレミアムな牛丼『ディノスオリジナル・吉野家牛丼セット』を新発売する。

 

 

ディノスのブランド米冷凍ご飯+吉野家の牛をセットに

 『ディノスオリジナル・吉野家牛丼セット』は、ディノスでロングセラーの「魚沼産のこしひかり」を使用した冷凍ご飯と、「吉野家」の秘伝のタレで作った牛丼の具を組み合わせたオリジナルセット。ディノスのブランド米「魚沼産こしひかり」は、20年以上もの間ユーザーから支持を受けている厳選米で、年間を通じて雪室貯蔵庫で玄米を保管するなど、保管方法にもこだわりがある逸品。この環境で貯蔵することにより、米の劣化スピードが抑えられる。賞味期間は冷凍で1年。内容量は、「吉野家ミニ牛丼の具」80g×10袋、「魚沼産こしひかり冷凍ご飯パック」150g×10個。価格は6300円(税抜)。

 

 また、特別企画として『魚沼産こしひかりJA北魚沼米コンテスト金賞米(定期便)』を発売。昨年の「JA北魚沼米食味コンテスト」で優秀金賞以上に選ばれた優秀賞(1人)、優秀金賞(4人)のプロが手掛けた平成29年度産米を、10月~翌年9月までの間、毎月1回1年間届ける。価格は4kgコースが4800円(税抜)、8kgコースが9200円(税抜)。

 

■ディノスオンラインショップ

関連記事