2017.5.16

キタムラは赤字決算、81店舗を退店…CCCの増資で業績回復へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)キタムラが15日発表した2017年3月期連結決算は、売上高が前年比8.4%減の1413億2200万円、12億3100万円の営業損失(前期は9億4600万円の営業利益)、19億9100万円の純損失(前期は2億5400万円の純利益)と、赤字決算となった。

 

CCCが親会社となり、Tポイントとの連携強化

 熊本地震によるデジタルカメラなどの減産、スマートフォンの販売低調、イメージング部門の売上減少などの影響で減収となった。利益確保に向けた損益構造改革に伴う減損損失や店舗閉鎖による損失引当金繰入額を計上したことなどで、大幅な赤字となった。

1 2

関連記事