2017.5.16

アデランスが「京東全球購」に出店、中国向け越境ECを開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)アデランスは15日、中国の越境ECモール「京東全球購(JD Worldwide)」に初出店し、「アデランス京東旗艦店」をオープンした。

 

 

越境EC開始でヘアケア商品などを展開

 「アデランス京東旗艦店」では、30代以上の男女をコアターゲットに、シャンプーやトリートメント、育毛剤などのヘアケア商品や美容機器を販売。48年以上の毛髪研究のノウハウにより開発されたヘアケア商品などを販売することで、越境ECで中国国内での売り上げとブランド認知拡大を図る。

 

 アデランスは、中国国内に20店舗(16年12月末日現在)を出店し、男女オーダーメイドウィッグの販売、増毛・育毛サービスを提供。百貨店を中心にレディメイドウィッグ商品の販売も行っている。

 

 「京東全球購」は、中国ECモール大手の「京東集団」が運営する中国向け越境ECプラットフォームで、海外企業用のBtoCオンラインショッピングサイトとして15年4月にオープン。化粧品やジュエリー、家電、衣類、食品など幅広いジャンルの商品を販売している。総売上高は4627億元、純利益は1813億元に及び、中国のBtoC-EC(消費者向け電子商取引)市場では、第2位のシェアを誇っている。

 

■アデランス京東旗艦店

関連記事