JR西日本とフェリシモ、日本製品の越境ECサイトを開設

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

西日本旅客鉄道(株)と(株)フェリシモは8日、海外向けインターネット販売事業で提携し、越境ECサイト「EVERYTHING FROM.JP(エブリシング・フロム・ジェーピー)」をオープンした。

 

日本製品を越境ECで展開し地域活性化へ

 「EVERYTHING FROM.JP」は、メイドインジャパン、メイドフロムジャパンのファッション、ファッション雑貨、生活雑貨、キッチン雑貨、加工食品、酒類、飲料、工芸品、伝統工芸品などの物品を販売するもので、製造元は北海道から九州までの全国に及ぶ。サイトは日本語・英語・簡体字・繁体字・韓国語に対応している。

 

 JR西日本は、同社グループの経営ビジョンを掲げた「中期経営計画2017」の中で地域共生企業を目指すと宣言。これまでにも地域の活性化と良品の販路拡大を図る取り組みとして、海外向けインターネット販売事業に取り組んできた。

 

 一方、フェリシモは「しあわせ社会学の確立と実践」の経営理念のもと、通信販売事業を展開。新規事業として、自治体やふるさと納税品のカタログ制作を受託し、バリューチェーンのオープン化事業として、物流・ECサポート事業の拡大を図っている。

 

 両社はさらなる事業の拡大・強化を目指し、地域のより良い商品を世界に向けて発信、販売する。

 

■「EVERYTHING FROM.JP」

関連記事