山田養蜂場、養蜂オーナー制度を開始…1口3万円で参加者募集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)山田養蜂場はこのほど、巣箱のオーナーになれる「養蜂オーナー制度」を開始した。同制度は消費者が養蜂業を身近に感じ、養蜂産品に対する理解と関心を高めることを目的としている。年間1口3万円で巣箱のオーナーとなる権利が与えられ、巣箱の管理はプロの養蜂家が行う。

 

巣箱の状況をメールで報告

 オーナーには、オーナーを証明する『オーナー証』が発行され、巣箱にオーナー名を記載したプレートを掲示。定期的に巣箱の状況や周囲の様子がメールで送られる。巣箱から採れたはちみつ(百花蜜)はすべてオーナーに届けられ、希望者にはラベルへの名入れも行う。巣箱1箱(蜜蜂:約2万~3万匹)は5口分に相当。1口あたり3kg以上の収穫が見込まれている。

1 2

関連記事