トランス・コスモス 新規事業のコスト増で経常利益24%減

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トランス・コスモス(株)が4月28日発表した2017年3月期決算(16年4月~17年3月)は、売上高が前年比7.9%増の2423憶1400万円、営業利益が同16.9%減の80憶800万円、経常利益が同24%減の67憶4200万円、純利益は同5.7%減の71憶5600万円となった。

 

 

アウトソーシングサービスの需要は拡大

 同グループでは今期、コンタクトセンター、バックオフィス、設計開発、デジタルマーケティングなどの業務を中心としたサービスを積極的に展開。新しいサービスの創出、サービス体制の強化、将来の成長に向けて先行投資を実施した結果、増収となったものの、新規事業・新規案件の立ち上げコスト増加などにより営業利益は減少。経常利益は持分法による投資損益の影響などで、同24%減の67憶4200万円となった。

1 2

関連記事