夢展望、ニッセン子会社のトレセンテを買収

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)RIZAPグループは4月28日、子会社の夢展望(株)が(株)ニッセンホールディングの子会社で宝飾品販売を手掛ける(株)トレセンテの株式100%を取得し、連結子会社化したと発表した。取得株式数は4000株、取得価額は1900万円。

 

 

夢展望、未婚層の会員中心にジュエリー販売

 トレセンテは、婚約指輪・結婚指輪等のブライダルジュエリーを中心とした宝飾品を販売。オリジナルブランド「フローラ」(登録商標)のブライダルジュエリーを主力商品とし、札幌から福岡までの主要都市で11店舗を展開している。しかし、最近3年間はいずれも減収減益と厳しい経営状況が続き、2017年2月期の決算では、営業損益1億7000万円を計上していた。

 

 近年ブライダルジュエリー業界では、WEBプロモーションによる集客活動が主流となっているが、同社のプロモーションはブライダル専門誌への広告掲載に依存。WEB集客導線の構築に改善の余地があった。

 

 夢展望は、10代後半から30代の女性が主な顧客で、衣料品・靴・雑貨などのファッション関連商品のECサイトを展開。商品企画から製造・小売までを一貫して行うSPA(Speciality Store Retailer of Private Label Apparel)を採用し、自社スタジオでの商品撮影、画像加工、WEBページへのアップロードなどをすべて自社で行っている。また同事業で培ったECサイトの構築・運営等に関するノウハウを用いて、親会社であるRIZAPグループを支援している。

 

 今回の買収で、夢展望はトレセンテの集客構造の改善、顧客数の増大、売上の向上を目指す。特に未婚層の割合の高い同社グループの会員約160万人をトレセンテの顧客として取り込むなど、相互送客によるシナジー効果の創出を見込んでいる。

 

■夢展望

関連記事