アスクルQ3、29億円の純損失…火災損害101億を特損計上

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アスクル(株)が5日発表した2017年5月期第3四半期(2016年5月~17年2月)は、売上高が前年同期比9.6%増の2517億1800万円、営業利益が同2%減の66億9500万円、29億2500万円の純損失となった。

 

 物流センター「ASKUL Logi PARK首都圏」の火災による損失101億4500万円を特別損失に計上したため、純損失が大きくなった。

1 2

関連記事