自社ポイントと併用、コメ兵が全店舗で楽天SP付与…楽天ペイも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 (株)コメ兵は1日、全国の「KOMEHYO」35店舗で、楽天(株)の共通ポイントサービス「楽天ポイントカード」を導入した。同時に「KOMEHYO ONLINE STORE」で、楽天会員IDでオンライン決済できる「楽天ペイ」を開始した。

 

 

「楽天スーパーポイント」と自社ポイントをダブルで獲得

 同社には、KOMEHYOの全店舗で利用できる「KOMEHYOポイント」があるが、このポイントは従来通りに利用できる。今後は「KOMEHYOポイント」と「楽天スーパーポイント」が同時に貯まり、会計時にポイントでの支払いが可能となる。

 

 ポイント付与率は、商品購入時に200円(税込)につき「楽天スーパーポイント」と「KOMEHYOポイント」をそれぞれ1ポイント付与する。買取サービス時には、100円(税込)につき、両ポイントをそれぞれ1ポイントずつ付与する。「楽天ペイ」利用時には、1商品ごとに購入金額の1%が付与される。

 

 同サービス開始を記念したキャンペーン「買っても売っても楽天ポイント2倍キャンペーン」を5月7日まで開催する。同キャンペーンは実店舗で商品を購入した場合、楽天スーパーポイントが通常の2倍付与される。

 

 同社は2013年に「楽天市場」に出店。新規顧客の獲得とリユース市場でのシェア拡大のため、「楽天スーパーポイント」を活用したマーケティング施策を利用し、業績拡大を図る。

 

 KOMEHYOは、宝石・貴金属・時計・バッグ・衣類・カメラなど、幅広い商品を取り扱う総合型リユースストア。自社運営の「買取センター」で専門のバイヤーが仕入れた商品を、店舗や通販で販売している。「お取り寄せサービス」など、リアル店舗とWEBを融合したオムニチャネル施策にも積極的に取り組んでいる。

 

■「買っても売っても楽天ポイント2倍キャンペーン」

関連記事