2017.3.28

機能性表示食品で初、イオンがパン3製品を発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 イオン(株)は29日、『おなかの調子を整えたい方のライ麦食パン』など、機能性表示食品の食パン3種類を、イオンのプライベートブランド「トップバリュ」から発売する。機能性表示食品のパンは同商品が初となる。

 

 新商品は「おなかの調子を整えたい方」シリーズの『ライ麦食パン』『全粒粉ロール』『全粒粉ドッグロール』の3種。機能性関与成分の難消化性デキストリンを配合し、「お腹の調子を整える」機能を表示する。

 

 『ライ麦食パン』は2枚、『全粒粉ロール』は3個、『全粒粉ドッグロール』は2個で、難消化性デキストリンの1日摂取量目安である5gを摂取できる。試作を繰り返し、固くなりやすいライ麦でも食べやすいやわらかさを実現した。

 

 同商品は、「イオン」「イオンスタイル」「マックスバリュ」「ダイエー」など、東北を除く本州・四国のグループ1200店舗で販売される。

 

 今回の3商品を含め、同社が発売する機能性表示食品は10製品。これまで『難消化性デキストリン配合コーラ』、『葛の花イソフラボン配合 大麦若葉青汁』、『麦ごはん』、『トマト酢ドリンク』など、飲料やご飯などの商品を「トップバリュ」として販売している。

関連記事