アイスタイル、台湾で海外初の店舗出店…オムニチャネルで海外展開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グラフ (株)アイスタイルが3日発表した2017年6月期第2四半期(16年7~12月)連結決算は、売上高が前年同期比22.9%増の84億2600万円、営業利益が同20.4%減の7億3100万円、純利益が同37.2%減の4億7400万円となった。会社設立後以来の連続増収を継続した。

 

 「@cosme」の関連サービス、化粧品EC、化粧品専門店「@cosme store」が好調で増収となったが、本社の増床、新規店舗の出店経費などの影響で減益となった。  広告や会員サービスなどのOn Platform事業は、「@cosme」のブランディング広告、BtoB課金サービスが好調で、売上高が同17.3%増の33億3500万円、セグメント利益は同16.6%増の12億4500万円となった。今後は16年9月に子会社化した(株)Eat Smartと連携し、美容に関連する食品、飲料、健康食品・サプリメント、医薬品、医薬部外品など、新たな業種のクライアントを開拓する。

1 2

関連記事