ベルーナ3Qは増収増益、看護師向け通販が好調

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
no Image

 (株)ベルーナが1月31日発表した2017年3月期第3四半期(4~12月)連結決算は、売上高が前年同期比8.6%増の1096億3900万円、営業利益が同20.5%増の77億1100万円、純利益が同37.7%増の63億2100万円と、増収増益となった。

 

 総合通販事業や看護師向け通販の増益に加え、為替相場の変動による収益を9億2900万円計上したため、経常利益・純利益が急伸した。 総合通販事業は、売上高が同11.9%増の309億1700万円、3億8200万円のセグメント損失(前年同期は1億3200万円の損失)となった。(株)マイムの季節要因などで、損失が拡大した。

 

 専門通販事業は、看護師向け通販事業が好調で、売上高が同11.9%増の309億1700万円、セグメント利益は同86.4%増の18億9100万円となった。ソリューション事業は、売上高が同21.1%増の40億800万円、セグメント利益が同31.3%増の18億4000万円となった。封入・同送サービスや通販代行サービスが順調だった。

関連記事