スタートトゥデイ3Q、純利益は78%増…スマホ経由が75%

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ロゴ (株)スタートトゥデイが1月31日発表した2017年度3月期第3四半期(2016年4~12月)連結決算は、売上高が前年同期比42.2%増の536億9400万円、営業利益が同64.3%増の192億9100万円、純利益は同78.1%増の141億1700万円となった。

 

 新規出店ショップの拡大に注力したほか、ブランドクーポンなどのプロモーション、CRMシステムを活用したコミュニケーション、後払い決済サービス「ツケ払い」などが奏功し、大幅な増収増益となった。

 

 直近1年間の年間購入金額は4万8275円で、年間購入点数は10.5点だった。出荷件数は588万6580件だった。平均商品単価は5236円、平均出荷単価は1万143円だった。第3四半期のデバイス別出荷比率は、スマートフォンが75.2%、パソコンが24.6%、モバイルが0.2%だった。

関連記事