2017.1.13

セブン&アイHD3Q、純利益39.8%減

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
no Image

 (株)セブン&アイ・ホールディングスが12日発表した2017年2月期第3四半期(2016年3月~11月)決算は、売上高が前年同期比5%減の4兆2889億2900万円、営業利益が同5%増の2740億600万円、純利益は同39.8%減の755億3800万円となった。

 

 為替レート変動や北米コンビニエンスストアでのガソリン価格の下落、百貨店事業や通販事業の苦戦で減収となった。純利益はスーパーストア事業と百貨店事業の店舗にジャンする減損損失などで、大きく減少した。

 

 グループのプライベートブランド「セブンプレミアム」の売上は、同18.1%増の8750億円となった。  通販事業の売上高は同24.9%減の871億6900万円、営業損失は77億2600万円となり、前年同期と比べ4億3000万円損失が拡大した。

関連記事