2017.1.12

ファストリQ1は増収増益、「ユニクロ感謝祭」が好調

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ロゴ (株)ファーストリテイリングが12日発表した2017年8月期第1四半期(9~11月)決算は、売上高が前年同期比1.6%増の5288億4700万円、営業利益が同16.7%増の885億9100万円、四半期利益は同45.1%増の696億9500万円となった。

 

 売上総利益率は前年同期比で横ばいだったが、全社で取組んだ経費削減対策により売上販管費率が同1.8ポイント改善した。また、11月末の為替レートが円安だったこともあり、大幅な増益となった。

 

 国内ユニクロ事業は、売上高が同3.4%増の2388億円、営業利益は同1.8%増の456億円となった。ECを含めた既存店の売上高は同2.5%増だった。9~10月は例年より気温が高くなり、秋冬商品の需要が弱く減収となったが、気温が低下した11月は、「ユニクロ感謝祭」が好調だったほか、カシミヤセーター、ヒートテックなどのコア商品が好調に推移し、増収に転じた。

 

 海外ユニクロ事業は、売上高が同0.2%減の1965億円、営業利益は同44.6%増の301億円となった。

関連記事