ポーラ・オルビス2Q、営業利益31.5%増の121億円

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
no Image

(株)ポーラ・オルビスホールディングスが1日発表した2016年12月期第2四半期(1~6月)決算は、売上高が前年同期比7.2%増の1069億5700万円、営業利益が同31.5%増の121億5000万円、純利益が同35.7%増の82億6400万円となった。

 

 基幹ブランドの「POLA」や育成ブランドの「THREE」「decencia」が好調で、増収増益となった。

 

 ビューティケア事業では、「POLA」で新製品の発売や販売促進を積極化し、顧客が順調に増加。美容健康食品や化粧品で、訪日観光客によるインバウンド売上が拡大した。「ORBIS」では、SNSの活用で2回目購入のリピート率向上に取り組んだ。3月に美白・エイジングケアを訴求する「ORBIS=U WHITE」シリーズを発売したほか、ポイント施策やSNSでのコミュニュケーションを強化し、顧客が増加した。同事業の売上高は同6.7%増の993億4300万円、営業利益は同39.2%増の120億8000万円となった。

関連記事