スクロールは黒字に、健粧品販売とソリューション事業が好調

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
no Image

(株)スクロールが28日発表した2016年3月期決算は、売上高が前期比1.1%減の628億3900万円、営業利益が17億7400万円(前期は17億4300万円の営業損失)、純利益は23億8300万円(前期は26億4900万円の純損失)と、黒字に転じた。

 

 同社は「シニア事業」「インターネット事業」「健粧品事業」「通販ソリューション事業」の4分野を成長戦略の中心に据え、事業の収益化に向けた各種施策を推進。インフラ整備が完成したことなどで、収益面が改善した。

1 2

関連記事