「LINE Data Labs」設立、AI活用のサービスも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ロゴLINE(株)は3月31日、LINEとLINE関連サービスのデータを分析・研究する専門の開発組織「LINE Data Labs(ライン データラボ)」を新設した。データエンジニア、データサイエンティストなどのデータに関連した人材採用を強化し、年内に50人規模の組織に拡充する。

 

 「LINE Data Labs」は、各サービス事業ごとに分かれていたデータチームを統合した開発組織で、各サービスを利用動向などのデータを横断的に分析し、データ・情報活用を効率化する。

 

 高度なデータ分析や機械学習を行うことで、ユーザー属性・興味関心分野の自動推計、コンテンツ・広告配信の精緻化、運用型広告への活用、人工知能(AI)などのデータ応用システムの構築、データ統合プラットフォームの構築・運用などに取り組む。また、機械学習、人工知能、大規模データ基盤領域の研究成果から、Labs内での新たなサービス開発も視野に入れている。

関連記事