2015.12.16

アスクル第2四半期、過去最高益を達成

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
no Image

 アスクル(株)が15日発表した2016年5月期第2四半期(5~11月)決算は、売上高が前年同期比13.6%増の1499億4400万円、営業利益は同171.9%増の44億5300万円、純利益は同213.3%増の27億7500万円となった。第2四半期として過去最高益を達成した。

 

 BtoB事業は、工場・建設現場・研究所でのMRO商材(消耗品などの間接材全般)や、医療・介護施設で使用頻度が高い洗剤などの生活用品が2桁成長したほか、OA・PC用品なども堅調に推移。売上高は同9.6%増の1348億800万円となった。BtoC事業の「LOHACO」では、テレビCMやヤフーと連携した販促ポイント付与のキャンペーンなどを実施し、新規顧客が順調に増加。売上高は同69.8%増の151億3500万円となった。

関連記事