2015.12.11

シーズHD第1四半期、通販不調で減収減益…営業利益は57%減

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
no Image

 (株)ドクターシーラボの親会社(株)シーズ・ホールディングスが10日発表した2016年7月期第1四半期(8~10月)は、売上高が前年同期比8.4%減の69億4500万円、営業利益は同57%減の3億6900万円、純利益は同54.6%減の5億7500万円と減収減益となった。

 

 通信販売では、アクアコラーゲンゲルシリーズを積極的に広告展開したが、前年の大型キャンペーンの反動減もあり、売上高は同14.9%減となった。対面販売の売上高はインバウンド需要もあり同2.6%減だった。卸売販売では海外観光客に人気が高いラボラボブランドが好調で、同3.4%増となった。利益面では通販の不調による売上減や、美白関連のテレビCM効果が悪天候で想定を下回ったことなどにより、大幅に減少した。

1 2

関連記事