セブン&アイHD決算、通販が唯一の赤字事業に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
no Image

 (株)セブン&アイ・ホールディングスが2日発表した2015年2月期連結決算は、コンビニエンスストア事業が好調で営業収益・営業利益・経常利益がそれぞれ過去最高の数値を記録したものの、通信販売事業が75億2100万円の営業損失を計上し、唯一の赤字事業となった。

 

 通販事業は営業収益が1858億200万円、利益は売上の苦戦と販売管理費の増加で75億2100万円の営業損失を計上した。(株)ニッセンホールディングスは、グループ各社の店頭でニッセンカタログを配布し、イトーヨーカドー店内にインテリアショールームを導入するなどグループシナジー効果の実現を図ったが、収益の改善には至らなかった。

 

 次期の取り組みとして同社は、コンビニ・総合スーパー・百貨店・専門店など、同社グループの国内約1万9000店の店舗ネットワークとネットを融合した「オムニチャネル実現による新たな小売環境の創出」を目指す。15年秋にはオムニチャネルを本格稼働させる。通販事業の次期業績は、営業収益が3.7%減の1790億円、利益は59億円の営業損失と予測した。

関連記事