楽天、店舗運営システム「RMS」でパートナー制度

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
no Image

 楽天は2月3日、同社が運営するインターネットショッピングモール「楽天市場」の出店店舗に提供している、店舗運営システム「RMS」に関して、システムベンダーとのパートナー制度「楽天市場RMSパートナー」をスタートした。

 

 同社は、RMSについてこれまで「商品検索API」や「商品ランキングAPI」など、一部のAPIについて一般のシステムディベロッパーに公開していたが、今後はこれらのAPIに加え、受注情報の取得・変更・ポイント承認機能を提供する「受注データAPI」、オーソリ取得や売上請求機能を提供する「カード決済API」、在庫情報の取得や変更機能を提供する「在庫データAPI」の3種類のAPIを、認定パートナー限定で公開する。

1 2

関連記事