2015.9.25

セブン&アイの「オムニチャネル戦略」を読み解く(2)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

御用聞きサービスでネットが苦手な層を取り込み

 オムニセブンでは、店舗での受取りサービス以外にも、返品・返金サービス、お急ぎ受け取りサービス(即日配送)、店舗への365日配送、接客端末での御用聞きサービスなどの店舗サービスを実施する。即日配送は、関東1都6県の約7000店舗を対象とし、朝7時までに注文すれば、当日の19時以降に店舗で商品が受け取れる。送料は300円。

 

 御用聞きサービスでは、店舗の販売員が専用のタブレットを利用して接客し、旬なお得情報を来店者に提供する。ネットが得意ではない来店者に対し、販売員が個別に接客して顧客の要望に応える。また、同サービスは店舗の来店者だけが対象ではなく、商品配送時に顧客の自宅でも実施する。この御用聞きサービスは、お食事お届けサービス「セブンミール」などでも実施している取り組みで、オムニセブンのサービスにも盛り込まれた。

1 2

関連記事