2014.8.21

各種インターネット機能・サービスの利用率、タブレットやスマートフォンがPCを上回る (総務省 平成25年通信利用動向調査)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
no Image

久保京子の「ネットショップCS情報局」より

総務省では、「平成25年通信利用動向調査」を発表しました。(※) この調査は、平成2年から毎年実施されているもので、世帯及び企業における情報通信サービスの利用状況等に関するデータが広く網羅されています。 23年調査より、世帯のインターネット利用について、家庭内外別利用、スマートフォンを含む端末別利用、ソーシャルメディア利用、データ通信料金等、新しい切り口が加わっています。 中でも、ネット通販に関連性の高い、以下の項目について数回に分けてご紹介します。

(1)インターネットの利用状況・目的
(2)インターネットにより購入・取引した商品・サービス
(3)インターネットで購入する際の最高利用金額
(4)インターネットで購入する際の決済方法


 今回は「(1)インターネットの利用状況と目的」に関する、家庭内・外、端末別、性別・年代による傾向について注目しました。

1 2

関連記事