2014.8.4

通販コンサルタント岡崎太郎さんが斬る。 『社長、御社のCRMがダメな理由、気づいていますか?』②

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
no Image

『ビーレジェンドプロテイン』や『豆乳クッキーダイエット』の開発にかかわるなど、数々のヒット商品を生み出してきた通販コンサルタントの岡崎太郎さん。自らの経験に裏打ちされた『通販の成功セオリー』は、数多くの事業者を惹き付けてやみません。前回より、全ての通販事業者にとって重要ながら、その多くがうまくいっていない『CRM』について、なぜダメなのか? うまくいくには? という両面から説明してもらっています。 第二回は、じゃあどこから始めたら良いの? という実践的なお話です。

全部一気にやろうと思わなくて良い! できるところからコツコツと

前回は、CRMの意味と基本的な考え方について説明しました。今回はより実践的なお話をしたいと思います。 すでにCRMに取り組んでいる企業も、これから始めますという企業も、もしお客様とのコミュニケーションがうまくいっていないと思うのであれば、そうした問題や課題を一つずつ洗い出して行くことが、CRMを成功に導いて行く秘訣です。 真剣にお客様のことを考えるのだから、課題はたくさん出てくるかもしれません。でも、もしたくさん出てきたとしても、一気に全部解決に持って行こうと思う必要はなく、出来るところからひとつずつ答えを出し、一番効果が高いところを重点的にやっていく。これが最も早く、そして効果的にお客様との関係性を良いものしていく方法だと私は考えます。

1 2

関連記事