2014.4.10

モバイル通販の利用が増加。PC通販の利用頻度は横ばい (JADMA「インターネット通販利用者実態調査2013」)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
no Image

久保京子の「ネットショップCS情報局」より

社団法人日本通信販売協会(JADMA)から、「インターネット通販利用実態調査2013」が発表されました。() 本調査は、2008年から開始されている調査で、今回で6回目。 調査結果のダイジェストから、気になるデータをご紹介します。

ネット通販、週に1回未満のユーザーが約8割

2013年にインターネット通販を利用したユーザーの利用頻度は、「月に2~3回程度」「月に1回程度」がそれぞれ3割程度となっており、週に1回未満のユーザーが約8割を占めている。この傾向は2011年度調査から大きく変動していない。 「週1回以上」利用する人の割合が、13年は20.2%となり12年より1.4%増加したものの、「週3回以上」利用しているユーザーは6.4%と微減した。 利用頻度は年代による差が大きく、男女とも20代で週3回以上利用する割合は10%以上という結果が出ている。男女とも20代が最も利用頻度の高い年代となっており、60代と比べると4ポイントの差がみられる。

1 2

関連記事