2013.12.13

ジーユーにとってECは、バーチャル空間上にある“超大型店舗” 圧倒的なスピード感と、店舗×ECの相互連携が売上837億円を支えるカギ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
no Image

ユニクロを運営するファーストリテイリングのグループ会社で、独自ブランドを展開するジーユー(東京)。2006年の創業以来、「ファッションを、もっと自由(ジーユー)に。」をコンセプトに、低価格でありながら良質なファッションアイテムを揃え、キッズからシニアまで幅広い支持を集めている。業績も好調で、直近の通期決算である2013年8月期の売上高は837億円、営業利益は76億円。ECサイトの開設は2010年4月で、現状の売上規模は、「大型店舗10数店舗分」(広報)という。ジーユーにおけるECの立ち位置や、店舗とのシナジーの生み出し方など、増収増益を続ける同社のEC事業について、マーケティング部ダイレクト事業チームリーダーの渡辺泰章氏に話を聞いた。

■ファッションにおける「我慢」を取り除きたい

ジーユーという名前を耳にすると、真っ先に思い浮かぶのは、「低価格ブランド」というイメージではないだろうか。実際ECサイトを覗いてみると、2,000円台のアウター、1,000円未満のムートンブーツなど、目を疑いたくなるほどの低価格帯商品が並ぶ。しかしそれらは決して、「安かろう悪かろう」という物ではない。デザインはトレンドを押さえ、ブーツにはインソール(中敷き)を付けるなど機能性も充実しており、もっと価格が高くても売れるのではないかと思えてしまうほどだ。しかしそれらの良質な商品が、「ユニクロの半額で提供されている」(広報)というから驚く。なぜジーユーは、ここまで価格を安く設定しているのだろうか。

1 2

関連記事