2013.11.22

創業20年を目前に控えた下着通販のピーチ・ジョン過去No.1のヒット、累計販売数50万枚超えの“機能性ブラ”が登場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
no Image

下着通販の先駆けであるピーチ・ジョン(本社東京)は、まもなく創業20年を迎える。近年は業績不振が目立つ同社だが、経営陣の刷新やヒット商品の登場等により、徐々に業績回復の兆しが見えてきた。過去No.1のヒットを誇るという新商品「ワークブラ」は、ピーチ・ジョンにどんな変化をもたらしたのだろうか。

■EC売上は全売上の約半分に達するが、カタログも引き続き重視

ピーチ・ジョンの創業は1994年と、下着を中心に展開する通販会社の中では歴史が古い。事業自体はさらに古く、会社設立以前の1988年から行っている。主力商品である「ボムバストブラ」のヒットを受け、1994年に法人化。同年、初の実店舗『ピーチ・ジョン・ザ・ストア』を東京・千駄ヶ谷に開設し、通販と実店舗の両輪で事業を拡大してきた。現在実店舗は、アウトレットモールへの出店を含め、国内に25店舗を構える。また海外にも商圏を広げており、上海に5店舗、北京に2店舗、香港に3店舗とアジア圏を中心に展開している。 売上構成比は、通販が6割、実店舗が4割。通販売上のうち7-8割はECで、カタログ(電話、ハガキ、FAXでの注文)による受注は残りの2-3割にとどまる。ECサイトは2004年8月から稼働しており、「基幹システムを入れ替えた2009年から、カタログ売上を上回った」(販売本部通販部ネット通販課の宮澤雅行課長代理)という。しかしカタログ発送時期にECを含め全体の売上が伸びるため、ECだけに絞るという選択肢はない。 「カタログ発送のタイミングでプロモーションを仕掛け、同じタイミングでECサイトへの新商品を追加している」(通販部広告・販促・企画担当経営企画部情報システム課課長情報セキュリティアドミニストレータの安住祐一氏)。

1 2

関連記事