2013.7.2

【通販フルフィル-第3回-】通販フルフィル、業務フロー徹底解剖応用編!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
no Image

第3回目のお題は「通販フルフィル、業務フロー徹底解剖応用編!」です。今回は「物流業務」に関してご説明いたします。実務的なフローでは分かり辛いため、マクロレベルでのご説明をいたします。

入庫のフローに関しては、商品の着荷後に検品を行い、パレットや保管棚にて商品を保管します。出庫に関しては受注のデータをクライアントから受け取ると商品のピッキングを行い、検品を行います。検品が完了すると運送会社へ荷物を引き渡します。勿論商材によっては流通加工が必要なものもあるため、工程がいくつか追加になる場合もあります。 また、マクロレベルに付随するマイクロレベルの作業では、受注データの受け取り一つに関しても一般的に次の4通りがあります。

ⅰ)クライアントの基幹システムを物流倉庫に持ち込み、物流会社側で基幹システムを使用して帳票発行をおこなう。

ⅱ)メールで発送(出荷)データを送信してもらう。(エクセルやCSV形式)

ⅲ)クライアントにWMSを提供して、そこにデータをインポートしていただく。

ⅳ)サーバー同士を繋ぎ込んで、自動連携をおこなう。(バッチ処理・API処理など)

1 2

関連記事