2013.6.24

<通販ビジネス参入時に失敗しないためのポイント>④通販ビジネスを始めるにあたって(2)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
no Image

通販ビジネス参入1年目は明確な売上目標を持たなくても構いません。初期段階では、売上金額は小さくても良いのです。重要なことは新規獲得、リピート獲得の勝ちパターンを作ることです。新規獲得の勝ちパターンとは目標とするレスポンスを実現するための広告を作り上げること、リピート獲得の勝ちパターンとは採算に合うリピートが取れるだけの販売体制を整えることを意味します。新規についてはCPO(顧客獲得単価)、リピートに関しては初回購入者の2回目の移行率、定期コースの会員推移、年間購入金額等、継続に関する数字を見ていくことが重要です。これらの指標をはじめ、様々な数字を継続して見ていくことで、自社の課題を明確に把握することができます。

1年目に行うべきことは、この2つの勝ちパターン作りに専念することで、そのための試行錯誤に時間と費用を費やすべきです。最初は顧客数が少ないからこそ、そこでしっかり新規客を獲得する力、そして顧客をリピートさせる力をつけなくてはいけないのです。 最初は「うちは100人しか顧客がいない。早く1,000人、10,000人にならないか」と願うものですが、あえてこう思ってください。「100名の顧客を満足させられなくては、1,000人、10,000人の顧客に満足を与えることはできない」と。顧客数を増やすことも大事ですが、そこに顧客満足度も伴うような努力を惜しまないでください。

1 2

関連記事