頒布会カタログ「どうぞ召し上がれ・ディノスの美食」が創刊

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)ディノス・セシールは14日、食品カタログ「どうぞ召し上がれ」の別冊版として、販売方法を頒布会に特化したカタログ「どうぞ召し上がれ(ディノスの美食)2017頒布会号」(B5版16ページ)を創刊する。

 

 

「フライ」「丼ぶり」などを頒布会で提供

 同カタログは、ディノスの食品カタログ「どうぞ召し上がれ」のバイヤーが厳選するこだわりの食品を、頒布会方式で販売するもの。肉や魚をはじめ、フライや丼ぶりの具、ピザやワインなど、11種類の頒布会を提供する。届ける回数は最多で6回(17年8月~18年1月)。価格は、コースによって月3000円~6000円台(税抜)。

 

 「フライ頒布会」は、8月に『「銀座吉澤」の牛カツ』をはじめ、9月に『境港産のあじ・真いわしフライの詰合せ』、10月に『近江牛100%メンチカツ』、11月に『広島県産カキフライ』、12月に『車エビフライ』、2018年1月に『六甲山麓牛乳使用かにクリームコロッケ&かに爪のクリーミーフライ』が届けられる。価格は各回4800円(税抜)。

 

 「丼ぶり頒布会」は、8月に『鹿児島産うなぎ蒲焼』、9月に『「どろぶた」豚丼の具』、10月に『うにめし丼の素』、11月に『「小形牧場牛 」牛丼の具』、12月に『天然インドマグロ丼セット』、18年1月に『「比内地鶏」焼き鳥丼の具』が届けられる。コースは、6回コース(8月~1月)、5回コース(9月~1月)、4回コース(10月~1月)の3コース。価格は各回4500円(税抜)。

関連記事