2014.9.25

ECショップへの出店、アマゾンは急増・楽天とヤフーは微減

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

image SAVAWAYは9月24日、ECショップ向け業務管理パッケージ「サバスタ」を利用しているネットショップのシステム利用状況をもとに、「主要ショッピングモールへの出店割合の変化に関する調査」を行い、その結果を発表した。

 

 調査結果によると、過去3年間でAmazonに出店するネットショップの割合が、39%から56%へと急速に高まっていることが分かった。楽天、Yahoo!への出店割合はわずかに減少している。また、新興のポンパレモールは16%、ヤフオク! は5%とネットショップの出店割合を増やしている。

 

 これらの結果からSAVAWAYは、日本のネットショップの集客方法が、巨大モールへの一極集中から、様々な販促の場へと徐々に拡散していく兆候にあると分析した。

関連記事