2019.10.9

au PAY登録者が600万人突破、IDオープン化が契機に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 KDDI(株)は7日、バーコードやQRコードをつかったスマホ決済サービス『au PAY』の登録者数が、5日に600万人を突破したと発表した。提供開始は4月9日。登録者数は9月12日に500万人を超え、そこから1カ月足らずで100万人増えたことになる。

 

「au WALLET ポイント」の20%還元開始

 『au PAY』は、手持ちの「au WALLET アプリ」から簡単な操作で利用できる。アプリ上に表示されるバーコードやQRコードを店舗のPOSレジや各種端末で読み取るか、店舗が提示したQRコードをアプリで読み込むことで、商品購入時の支払いに利用できる。

 

 開始当初はauユーザー向けのサービスだったが、8月29日から「au ID」のオープン化に併せ、他社ユーザーでも利用できるスマホ決済サービスに進化した。10月からは、セブン-イレブンとサンマルクカフェでも使えるようになり、加盟店も拡大中だ。

 

 特典も多く、利用金額に応じて、200円 (税込) ごとに1ポイント(0.5%相当)が貯まる。さらに、auのユーザーでauスマートパスプレミアム会員は、200円 (税込) ごとに3ポイント(1.5%相当)の 「au WALLET ポイント」を還元。10月1日以降は、最大20%の「au WALLET ポイント」を還元している。

 

セブン-イレブンで20%還元など、各種キャンペーンを実施

 「三太郎の日」(毎月3日、13日、23日)には最大20%のau WALLET ポイントを還元しているほか、現在、期間限定で、「セブン-イレブン最大20%ポイント還元キャンペーン」と「セブン銀行ATMチャージキャンペーン」を実施している。

 

 セブン-イレブン最大20%ポイント還元キャンペーンは14日まで。au IDでエントリーし、auPAYで支払うと、決済額の最大20%相当分のau WALLETポイントをもれなく進呈。上限は合計3000ポイントで、決済後のエントリーもキャンペーンの対象となる。

 

 セブン銀行ATMチャージキャンペーンは31日まで。チャージ1万円を1口として抽選し、後日、5000人に1万円相当のau WALLET残高がプレゼントされる。付与の時期は、キャンペーン終了後2か月以内を予定している。

関連記事