2019.10.8

アマゾンが多治見で「メェーメェー式」…小学生招き移動式FC体験学習

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 アマゾンジャパン合同会社は6日、岐阜県多治見市と協力し、アマゾン多治見フルフィルメントセンター(FC)で地元の小学生と保護者約40人を招いた体験教室を開催。移動式FCの体験や、多治見FCの「エコ除草」を担うヤギのチームの「メェーメェー(=命名)式」を行った。

 

 

 

Mobile FCでAmazon Roboticsを体験!

 体験教室に利用したのは移動式体験学習車両のMobile FC。全長約8.5mの8tトラックでFCとAmazon Roboticsの仕事を体験でき、アマゾンのテクノロジーやイノベーション、安全を最優先する働きやすい職場環境などを体験できる仕組みになっている。 今回、小学生向けの出張授業に初めて使った。

 

 開閉する荷台ウイング部分には、FCでの商品の棚出しや梱包作業の体験、自走式商品棚の原寸大の模型などが設置され、直接触れられる。2020年から文部科学省が小学校でのプログラミング教育を全面実施することに先駆け、STEM教育(=Science(科学)、Technology(技術)、Engineering(工学)、Mathematics(数学))の一環として、Amazon Roboticsの操作をプログラミング体験できるワークショップの実施も可能となっている。

除草担うヤギのチームは「メェ~プルズ」にメェーメェー=命名


 多治見FCでは、農業生産法人(有)FRUSIC(フルージック、同県高山市)の協力のもと、環境への配慮と社員の癒しを目的に、同社が飼育するヤギたちが敷地内の草の一部を食べる「エコ除草」を実施している。見学した児童らは、アマゾンの社員から、自然環境に配慮した施設の整備と、働きやすい環境づくりの一環で7年にわたって実施していることを教わった。

 

 

 

 また、参加者全員で可愛いヤギの除草隊のチーム名を考える「メェーメェー(命名式)」を実施し、『メェ~プルズ』と決まった。エコ除草は毎年、10月末までの毎週火曜日9時~15時に行っており、ヤギたちは敷地内の一部約3750㎡を除草している。

 

多治見市長「未来の技術者となるかもしれない子どもたちに貴重な機会」


 体験教室に参加した古川雅典・多治見市長は「Amazon Roboticsの新たな体験を通じて、未来の技術者となるかも知れない子どもたちにとって貴重な機会になった。社会を支えている仕事を考える上で、子どもたちにいい影響をもたらしてくれた」と感謝していた。

関連記事